電話する女性

産業構造バランスが良い新居浜市の求人

電話する男性

四国の中北部に位置する愛媛県新居浜市は、2017(平成29)年5月時点での人口が118,580人で県内第3位の街です。江戸時代に開坑された別子銅山を経営した住友グループの企業城下町として発展し、1950年には川崎市や四日市市などとともに日本初のコンビナートが建設されました。香川県に近いことで、愛媛県に営業進出する拠点として事業所を構える会社も多く、物流面でも大きな役割を果たしています。
大手の化学工業や中小の製造機械製造会社が、新居浜市の主幹産業となっていて、工場内の勤務をはじめ新卒から中途採用まで幅広く求人が出ています。また、ショッピングセンターやディスカウントストア、家電量販店といったロードサイド型のお店も多く、正社員からパートタイムに至るまで自身の希望の時間帯で仕事が選べます。松山と高松や徳島を結ぶ国道11号線沿いに位置していることで、運輸関連や第3次産業ではホテルの仕事もあります。
第1次産業では農業と水産業の仕事で、ハウス栽培や水産物加工の求人が出ていることもあり、新しく何かをはじめてみたいという人にとっておすすめです。新居浜市は、東予地区と呼ばれる愛媛県東部の中では最も人口密度が高く、気候も良くて買い物も便利でとても過ごしやすい街として知られています。仕事も第2次産業を中心に農漁業やサービス業の仕事も多く、産業構造バランスがとても良い街といえるでしょう。